保育料徴収基準額表(令和4年4月現在)

2022年5月13日

◆住田町保育料徴収基準額表(改訂される場合があります。)

 

階層区分

徴収基準額(月額)

3号認定

(3歳未満児)

2号認定

(満3歳以上児)

第1階層

生活保護世帯

第2階層

市町村民税非課税世帯

第2子は全額免除)

第3階層

市町村民税所得割課税額

48,600円未満

10,500

※特第3階層

第3階層のうち、ひとり親世帯または障がい者がいる世帯

5,000

第4階層

市町村民税所得割課税額

48,600円以上97,000円未満

14,000

※特第4階層

市町村民税所得割課税額

48,600円以上77,101円未満の

ひとり親世帯または障がい者がいる世帯

5,000

第5階層

市町村民税所得割課税額

97,000円以上169,000円未満

21,000

第6階層

市町村民税所得割課税額

169,000円以上301,000円未満

28,000

第7階層

市町村民税所得割課税額

301,000円以上397,000円未満

30,500

第8階層

市町村民税所得割課税額

397,000円以上

33,000

 

(単位:円)


※ 年齢区分は年度当初の年齢です。
※ 児童と同一世帯で、生計を同じくしている父母、扶養義務者の課税額の合計額により決定します。
※ ひとり親世帯や障害者のいる世帯等で第2階層に認定された場合は、保育料を徴収しません。
※ ひとり親世帯や障害者のいる世帯等で第3階層に認定された場合は、保育料が上記基準額より1,000円軽減されます。

 

 

◆保育料の減免について(ひとり親世帯等の場合

 

 

階層

第1子

第2子

第2階層

無料

無料

特第3階層及び特第4階層

※所得割課税額が77,101円未満に限る。

基準額表どおり

無料

 

◆多子軽減について

 

 保育料にかかる多子軽減については、階層区分に関わらず、同一生計のきょうだいから数えて第2子半額、第3子以降は無料となります。 

延長保育料表

階層区分

保育料(月額)

第1階層

第2階層

500

第3階層

1,000

第4~8階層

1,500

 

(単位:円)

 

※ 第2階層に認定された世帯で、母子家庭、障害者のいる世帯等は延長保育料を徴収しません。

※延長保育の時間は、午後6時30分から午後7時までです。

※利用申込書を提出し、利用が決定してからサービスを受けられます。

※お迎え時間が予定より遅くなる場合は、必ず保育園へ連絡するようにして下さい。

 

 

◆一時的保育について

 

保護者の就労形態の多様化や保護者の傷病等により一時的、または緊急に保育を必要とする場合に実施します。申請書は、各保育園に設置してあります。

 

非定型保育サービス

保護者の就業形態、職業訓練、就学等の事由により、家庭での保育が困難となる児童に対し、原則として平均週3日を限度として行います。

緊急保育サービス

保護者が傷病、事故、出産、看護、社会奉仕活動、冠婚葬祭、自然災害等の事由により、緊急的、一時的に家庭での保育が困難となる児童に対して行います。

私的理由による保育サービス

保護者の育児に伴う心理的、肉体的負担を解消するために一時的に保育を必要とする児童に対し行います。

※保育園や保育士の状況により、お預かりできない場合もございます。

 

 

◆負担額 

                                                       

階層区分

負担額(日額)

3歳未満児

3歳以上児

生活保護法による被保護世帯

市町村民税非課税世帯

500

400

A及びB以外の世帯

1,000

900

 

(単位:円)

 

※ B階層の世帯で、ひとり親世帯・障がい者のいる世帯等は0円となります。

 

※ この表における年齢区分は、一時保育の承諾日における年齢となります。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

教育委員会
学校教育係
電話:0192-46-3863
ファクシミリ:0192-46-3515