ひとり親家庭医療費助成制度

2018年10月2日

【 ひとり親家庭医療費助成制度 】

 

対 象 者  ・母子及び父子並びに寡婦福祉法第6条第1項に規定する配偶者のいない女子又は同条第2項に規定する配偶者のない男子のうち18歳に達する以後の最初の3月31日までの

     間にある児童を扶養している方、及びその扶養を受けている18歳に達する以後の最初の3月31日までの間にある児童。

     ・18歳に達する以後の最初の3月31日までの間にある父母のいない児童。

申請方法 医療機関の初診日に、保険者証や診察券と一緒に受給者証及び申請書を提出してください。

所得制限 前年の所得額により、助成制度に該当しない場合があります。

助 成 額  医療保険各法に基づく自己負担額相当額が助成されます。

     ただし、入院時の食事代や差額ベッド料、往診の車代などの医療保険の保険対象外の費用については助成されません。

     医療機関ごと、診療科ごとに入院は1ヶ月5,000円、外来は1ヶ月1,500円の範囲で負担をしていただきます。

     (受給者負担)

     ただし、3歳未満児、受給者及び主たる生計維持者の方が市町村民税非課税の場合は、受給者負担はありません。

 

関連ワード