妊産婦医療費助成制度

2018年10月2日

【 妊産婦医療費助成制度 】

 

 対 象 者  妊娠5ヶ月目の月の初日から出産日の翌月の末日までの方

 

 申請方法 医療機関の初診日に、保険者証や診察券と一緒に受給者証を提出してください。

 

 所得制限 前年の所得額により、助成制度に該当しない場合があります。

 

 助 成 額  医療保険各法に基づく自己負担額相当額が助成されます。

      ただし、入院時の食事代や差額ベッド料、往診の車代などの医療保険の保険対象外の費用については助成されます。

      なお、正常分娩の場合の医療費は保険対象外であるため助成の対象とはなりませんが、加入する医療保険において出産育児一時金が支給される制度がありますので、

      詳しくは加入する医療保険の保険者にお問い合わせください。

      医療機関ごと、診療科ごとに入院は1ヶ月5,000円、外来は1ヶ月1,500円の範囲で負担をしていただきます。

      (受給者負担)

      ただし、受給者及び主たる生計維持者の方が市町村民税非課税の場合は、受給者負担はありません。

 

関連ワード