間伐体験~世田米中学校2年生 平成28年度

2017年4月2日

世田米中学校2年生24人が、森林環境学習「間伐体験」を行いました。

間伐体験に先立ち、11月1日に1回目の事前学習を行いました。
林政課の鈴木祐介主事を講師に、住田町の林業の概要や取組みなどについて学びました。

001.jpg

 

また、ノコギリとチェーンソーの切り方の違いや、林業機械の作業の様子を動画で見せてくれました。
002.jpg
 
11月2日には、2回目の事前学習を実施。 世田米中学校の及川由美先生が指導者となって進行しました。

まず2枚の写真を比べ、森林には、人工林と天然林があることを確認しました。
003.jpg
 

続いて、間伐されていない林と、間伐された林を写真で比べ、なぜ間伐が必要かを考えました。

004.jpg

 

生徒の考えを発表してもらい、ゲストティーチャーである気仙地方森林組合の千葉憲一さんが、間伐の意義を話してくださいました。

005.jpg

 

続いて、林の模型を使って、どんな木を間伐すればいいのかを考え、班ごとに発表してもらい…

006.jpg


千葉憲一さんから解説していただきました。
007.jpg
 

続いて、間伐作業をする際の注意事項についてもお話していただきました。

008.jpg


11月7日には間伐体験を行いました。
009.jpg
 
講師を務めていただくのは、水野清さん、佐々木慶逸さん、気仙地方森林組合の佐藤忠さん、事前学習でもゲストティーチャーを務めていただいた千葉憲一さんです。
017.jpg
 
体験では、事前学習で学んだことを生かし、生徒が自分たちで間伐する木を選びます。

010.jpg


そして自分たちで木を倒す方向を決め、ノコギリで木を切ります。
(もちろん講師のみなさんがしっかりアドバイス・指導をしています。)
011.jpg
 

012.jpg
  

木が倒れます!

013.jpg


倒した木は、好きな厚さに切って…

014.jpg

 
お土産にしてもらいました(^^)
016.jpg
 

018.jpg

 
山に入るという機会自体がほとんどないので、貴重な経験になったようです。

生徒たちは、「体力が必要で大変だったが、いい経験だった」「みんなで協力して作業できて達成感があった」「体力のいる仕事だと思ったが、切る楽しさも分かった」と話していました。

 

林業について考え、体験するとても良い機会でしたね(^^)
 
 
森林環境学習のページに戻る

お問い合わせ

教育委員会
生涯学習係
電話:0192-46-3863
ファクシミリ:0192-46-3515