狩猟免許等取得補助金について

2017年4月4日

1.住田町を取り巻く野生鳥獣の状況について

 岩手県内には、ニホンジカ、サル、近年ではイノシシ被害も発生するなど数多くの野生鳥獣が生息しています。中でも本町が位置している五葉山周辺地域は岩手県内でも有数のニホンジカ生息地域となっています。近年では、ニホンジカの生息頭数が増えすぎたことにより人間と野生鳥獣の生活域が接近しており、野生鳥獣による農林業被害や自動車との接触事故など生活環境への被害が拡大してきています。増えすぎたニホンジカ等の野生鳥獣の個体数を管理するため本町では「住田町鳥獣被害対策実施隊」を組織し「有害鳥獣捕獲」を実施していますが依然として根強い被害が残っている状況です。捕獲活動を担っている実施隊員の高齢化も進みつつあり、今後の捕獲の担い手が危惧されています。

2.野生鳥獣を捕獲するためには?

 野生鳥獣は、誰でも勝手に捕まえていいものではありません。「狩猟免許」を持っている人が捕獲することができます。「狩猟免許」には、「網猟免許」・「わな猟免許」・「第一種銃猟免許」・「第二種銃猟免許」の4種類がありそれぞれ都道府県で実施する「狩猟免許試験」を受け合格することで取得することができます。

 

 3.「狩猟免許等取得補助金」とは?

   狩猟免許を取得し、実際に捕獲活動に従事するためには多額の費用がかかります。例えば、散弾銃(第一種銃猟免許)で野生鳥獣を捕獲しようとした場合に係る経費は約250,000円ほどと言われています。

 表1.第一種銃猟免許を取得し、岩手県内で猟をする場合にかかる経費

区分 内容 経費/円 補助金額/円

補助率

狩猟免許 狩猟免許申請手数料

5,200

5,200 10/10補助
証明写真代

1,000

1,000
医師診断書料 4,000 4,000
猟銃所持許可 予備講習会受講料 1,000 1,000
講習会申請手数料 6,800 6,800
教習資格認定手数料 8,900 8,900
火薬譲受許可申請手数料 2,400 2,400
教習射撃受講料 35,000 35,000
医師診断書料 4,000 4,000
証明写真代 1,000 1,000
鉄砲所持許可申請手数料 10,500 10,500
鉄砲所持許可証記載事項書換料 1,800 1,800
狩猟者登録 狩猟者登録手数料 1,800 1,800
狩猟税 16,500 16,500
猟銃等購入 猟銃購入 100,000 75,000 3/4補助
ガンロッカー購入

40,000

30,000 3/4補助
装弾ロッカー購入 10,000 7,500 3/4補助
合計 249,900   212,400円補助

※金額は目安となっています(平成29年度3月末時点)

 町では有害鳥獣捕獲に従事しようとする方に対して狩猟免許取得に要した経費の助成を行っており、例えば上記の例だと212,400円を助成し、個人の手出し金額は37,500円ほどになります。

 

 (2)補助対象について

  ア.補助対象免許

    「網猟免許」・「わな猟免許」・「第一種銃猟免許」・「第二種銃猟免許」の4種類

  イ.補助対象者

    ・町内に住所を有する者    

     ・高田猟友会に入会し、町内の有害鳥獣捕獲に従事することができる者

    ・町税及び使用料等に未納がない者

 

 (3)申請の手続き方法などについて

   請求手続きの流については、添付文書をご覧ください。また、詳細に関するお問合せは、住田町林政課 林業振興係までご連絡ください。

補助金手続きについて.doc(2MB)

納税確認同意書.doc(40KB)

補助金交付申請書.docx(19KB)

補助金交付請求書.docx(14KB)

 

 

関連ワード