水生生物調査~有住小学校4年生 平成27年度

2016年3月30日

有住小学校の水生生物調査が、7月14日(火)に行われました。

水生生物調査は、川にどんな生き物がどのくらいいるかを調べることで、その川の水質を判定できるというものです。
川に入り、生物を採取し、学校近くの川のよごれ具合を調べるという体験を通して、自然環境について考えるきっかけとし、森林と川との関わりについても学ぶことがねらいです。

IMGP0235.jpg

 

この日は、町教育委員会・南幅正勝指導主事を講師に、有住小学校の4年生20人が、有住小学校近くの気仙川で水生生物調査に挑戦しました。
IMGP0242.jpg
 
まず、水温を測ります。
IMGP0238.jpg
 
いよいよ水生生物の採取です。
IMGP0244.jpg
 

二人一組になって、水生生物を採取します。

IMGP0246.jpg

 

IMGP0252.jpg

 

IMGP0256.jpg

 

IMGP0260.jpg

 

IMGP0266.jpg

 

IMGP0268.jpg

 

その後、理科室に移動して分類作業を行いました。

IMGP0271.jpg

 

IMGP0274.jpg

 

IMGP0277.jpg

 

班ごとに調査結果をまとめ、黒板にはります。

IMGP0282.jpg

 

そして、班ごとに結果を発表しました。

IMGP0283.jpg

 

水質は、最も良い「きれい」という結果になりました。

南幅指導主事は、「気仙川は、昔は汚かった時期もあった。何できれいになったのか、どういう努力できれいになったのか、これからどうしていきたいのか、考えてみてほしい。そして、きれいな気仙川を誇りに思ってほしい」と話していました。

IMGP0290.jpg

 

きれいな地元の自然を、みんなで大切にしていきましょうね!
 
 
森林環境学習のページに戻る

お問い合わせ

教育委員会
生涯学習係
電話:0192-46-3863
ファクシミリ:0192-46-3515