住田産木質ペレットのご紹介

2015年2月27日

住田町の木工団地にありますけせんプレカット事業協同組合では工場内の製造工程で排出されるプレーナー屑、短材、端材を原料とし樹皮を含まない『ホワイトペレット』を生産しています。
けせんプレカット事業協同組合で導入しているペレット製造方式の特徴は、もともと工場では乾燥した原料(乾燥材)を使っていることから、ペレットの原料を特段乾燥する必要が無いため乾燥の工程を省いていることと既存の施設のスペースを活用しているところが大きな特徴となっております。

 

製造方法の比較

 

製造方法の比較

メリット

メリット

(1)施設整備費用の削減
(2)エネルギー生産に係るエネルギーの大幅な削減

 

けせんプレカット事業協同組合で製造しているペレット

ペレット販売  ペレット販売

ペレット販売: 合資会社住田交運
販売種類: 10kg入ビニ袋、500kg入フレコン

詳細につきましては、『合資会社住田交運』にお問合せ下さい。


 

各事業体への連絡先

合資会社 住田交運

代表社員: 千葉 和三
住  所: 岩手県気仙郡住田町世田米字日向2-2
電話番号: 0192-46-2130
FAX : 0192-46-3721

 

けせんプレカット事業協同組合

代表理事: 佐藤 實
住  所: 岩手県気仙郡住田町世田米字田谷27-2
電話番号: 0192-46-2757
FAX : 0192-46-2882
ホームページ: http://www.ginga.or.jp/~kesenprecut/top.html

 

関連ワード