国民健康保険

2015年2月20日

国民健康保険とは

国民健康保険(国保)は、私たちが病気やけがをしたとき安心してお医者さんにかかれるようにする医療制度です。
加入者がお互いに出し合った保険税と国、県の補助金などで制度を運営しています。

 

国保に加入する方 ⇒ 「被保険者」といいます

住田町に住所があり、以下にあてはまる人を除くすべての方は住田町の国保に加入しなければなりません。(外国人の方も在留資格が3カ月以上の人が対象となります。

  • 各職場の医療保険(健康保険、共済保険、船員保険など)に加入している人またはその被扶養者
  • 生活保護を受けている方
  • 後期高齢者医療制度(長寿医療制度)に加入している方

⇒ 国保の世帯主について
国保は世帯単位の加入、課税になります。そのため世帯主が国保に加入していなくても、保険証には世帯主名が記載され、納税義務者も世帯主になります。

 

保険証 ⇒ 「被保険者証」といいます。

保険証は1人に1枚交付されます(カード型)。保険証は毎年10月に更新されます。
国保の資格がなくなったときは返還してください。
万一紛失し、再発行を申請するときは、身分を証明するもの(運転免許証など)持参して申請してください。

 

国民健康保険の手続き

国保への加入や脱退など資格の異動があったときは、14日以内に届出が必要です。

 

 こんなとき持参するもの
国保に入る時 住田町に転入するとき 転出証明書
勤め先の健康保険をやめたとき 社会保険喪失証明書
(退職証明書・離職票でも可)
子どもが生まれたとき  
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書
国保をやめる時 住田町から転出するとき 国保保険証
勤め先の健康保険に加入したとき 国保保険証、勤め先の健康保険証
死亡したとき 国保保険証
生活保護を受けるようになったとき 国保保険証、保護開始決定通知書
変更、その他 退職者医療制度に該当するとき 国保保険証、年金証書
町内で住所を変更するとき(転居) 国保保険証
世帯主や氏名を変更するとき
世帯の分離や合併するとき
修学のため、別の住所を定めたとき 国保保険証、在学証明書
施設入所等で長期間住所地を離れるとき 国保保険証、在所又は在園証明書

 

⇒ 退職者医療制度について

⇒ 国民健康保険の医療給付について

⇒ 出産育児一時金・葬祭費について

関連ワード

お問い合わせ

町民生活課
国保医療係
電話:0192-46-2111(内線115)